閉窓、日曜日15時47分

2015.05.19.Tue.05:24
チリソースにケチャップマヨネーズ
ハーフカットのバケットに
マッシュポテトとレタスと
ピクルス代わりにきざんだラッキョ。
5回4失点でリリーバーも打たれて
今日も投手でチームはオジャン。
目を伏せる内容で本当に目を伏せて
食べたら口の中噛んで、好きな食いものは血の味になり激痛、また打たれてこの回7失点。

見たくないものは見るのをやめようってチャンネルをCSにしたらパドックで馬が糞してたから痛みを伴う血の味サンドは牧場の風味。

指についた血のソースを台拭きで拭いて、タバコを吸ったらまた血の味、そうだあのタバコの味だ。
ブラックデスっての。
ドクロが格好いいから買ったけど、二度と吸うか、あんなもん。

タバコ潰して、テレビ消して、換気して、あっつい空気我慢して惚ける。
ガキの声、バスケットボールの弾む音、高架を走る遠い電車の音、やかましい自衛隊のヘリ、インターホン。
インターホン?

はい。
いつも冊子を入れさせて頂いております。
入れてください。

ボックスに落ちる音
取り出す音、テーピングされたビニールを開ける音、冊子を取り出す音。

「神の声はどうしたら聞こえますか?」

今回もつまらない。
「セフレを強要された場合の対応、っていつかのネタみたいなのやればいいのに」って日本の本部に言ったけど、後で調べたが冊子が世界共通じゃ無理だな。

神の声を聞いてた奴は
高校時代に1人いたよ。
冊子売りつけてきやがった。
あいつも、もうババアだったな。
汚い服で、まぁ食品加工でもやってるのかな。

面の皮が厚い奴は大勢する方だって
…ありゃねぇな。

なんだか風が涼しくなってきた。
スポンサーサイト

dear/for/dis「ミスター&ミス&ミセス・デスクワーカー。」

2015.05.17.Sun.03:14
「朝」は気づいたら変わっていた。
土っぽい空気は排ガスの臭い。
鳥の鳴き声を白い車のエンジン音が遮る。
中途半端な太陽は居酒屋チェーン、貸金の看板が遮る。

道路勾配0.5度。
携帯電話に「K. AND HIS BIKE」。
思い入れもなく流し、登っていく駅へは真直ぐ。
今日の予定は無い。
ただ単純に「仕事に行くだけ」。
「つまらない」なんて言うこともない「平日」。
なんだか「いたって普通」のおじいさん。
道の真ん中を自転車で走っている。
クラクションが鳴ってもお構いなし。
ボケてるんだろうか?ワザとっぽかったら石でも投げつけようか。

なんか、駅にいる人たちの顔はたぶん…朝の9時までは無表情じゃないだろうか?
半分しか目が開いてない。
口に力が入っていない。
そんなホームの列を横に黄色いラインをそっと合わせて歩く。
「学生運動経験者」っぽいじいさん。
駅ホームの先頭でも、禁煙エリア。
煙草を吸っている、臭いが飛んでくる。
私服だな、水曜の朝に、一体どこに行くのだろう。

つまらないFMみたいな音を流してた。
つまらない失恋ソングを流してた。
遠くにうっすらと見えるつまらない東京のビルを見た。
どうでもよかったから結局、パズルゲームで手を奪われる。
ふと、電車が揺れたら、吹っ飛ばされた。
その時は反省したのに、すぐ忘れて画面を見た。
いつもと同じで、降車駅のベンチで続けている。
すると、自分の隣には「苦しそうに胸を抑える」おばあさん。
声をかけても拒否されて(なんか、もう、行こう。)と思う。

今日も駅のホームのエスカレーター。
今日もビルのエレベーター。
今日もIDカードで開錠。
今日もパソコンの電源を入れたら終わり。

ここから先の事なんて帰りまで「無い」から。